ウェブライターをやるならまずは依頼を受けてから

自分で好きなように情報発信をしてお金を得るためには、そのためのノウハウをしっておかなくてはなりません。そこで私がオススメするのが、ブログ記事などのライターの仕事を外注するサイトで力を付けておくことです。理由は2つ。

1つは、依頼内容にどんなものがあるかを知ることで、今必要とされているカテゴリーがわかるから。好きなことを書いて設けられるならそれが一番良いですが、そう簡単にはいかないので今の旬の話題を常に追いかける必要が出てきます。依頼が出ている仕事で多いのは何か、それは年中依頼しているものなのかを注意して見てみましょう。

そして2つ目は、実際にそこのサイトでライターをやってみることによって、自分の実力がわかるからです。できれば、修正依頼があるところをあえて選ぶと良いですね。初心者歓迎!丁寧に指導!という2つがあれば理想の依頼です。そこで修正されたことは貴重な勉強になるので、ウェブライターとしての土台を作ることができます。